記憶に残る背番号

J1リーグサッカー選手背番号:記憶に残る背番号人気、実力があり、現役中に活躍した選手の背番号は、皆の記憶に残り、語り継がれていきます。

横浜F・マリノスの「10」番といえば、木村和司、中村俊輔。

浦和レッズの「9」番といえば、福田正博。
ジュビロ磐田の中山雅史。

現役KINGカズこと、三浦知良が拘る背番号「11」番や中田英寿選手がつけてた「7」番も語り継がれる番号でしょう。

人気サッカー漫画の「キャプテン翼」で、主人公の大空翼くんが付けていたのは「10」番、ライバルである日向小次郎が付けたいたのは「9」番でした。
彼らに憧れて、背番号「9」や「10」を希望する少年もいました。


関連記事

  1. サッカー背番号の歴史
  2. 背番号と選手の識別
  3. 背番号の意味
  4. 日本での背番号のイメージ
  5. 背番号のルール
  6. 背番号の永久欠番
  7. 背番号の発表時期
  8. 背番号は誰が決める?
  9. 背番号にこだわる男達
  10. 正ゴールキーパー「背番号1」
  11. エースストライカー「背番号9」
  12. 司令塔「背番号10」

TOPPAGE  TOP