背番号の意味

J1リーグサッカー選手背番号:背番号の意味Jリーグ以前の、日本リーグやジャパンサッカーリーグの時代は、選手ごとに番号がつけられていました。

Jリーグ発足後、1993~1996年までは(天皇杯を除く)試合ごとに付ける番号が違いました。 スターティング・メンバーに1~11番までが与えられ、控え選手が12番から16番をつける変動背番号制でした。利点としては、ポジションごとの役割が理解しやすいことでした。

1997年からは、選手の認知度を高めることを目的として、シーズン開幕前やチーム加入時点で決定される、固定背番号制へと変更されました。

つまり現在では、選手は好きな番号を、年間を通して付けています。

これによって、昔は誰もつけていなかった大きな数の番号も選ばれるようになりました。

いつも同じ番号を付けているので、選手の特定がしやすくなった反面、ポジションと背番号との 同一性はあまり感じられなくなってしまいました。

現在の固定背番号制では、特に番号に意味はないと言って良いでしょう。



関連記事

  1. サッカー背番号の歴史
  2. 背番号と選手の識別
  3. 日本での背番号のイメージ
  4. 背番号のルール
  5. 背番号の永久欠番
  6. 背番号の発表時期
  7. 背番号は誰が決める?
  8. 背番号にこだわる男達
  9. 正ゴールキーパー「背番号1」
  10. エースストライカー「背番号9」
  11. 司令塔「背番号10」
  12. 記憶に残る背番号

TOPPAGE  TOP