背番号のルール

Jリーグサッカー選手背番号:背番号のルールJリーグ管轄の試合では、同じ背番号をつけて試合に出場することはできません。

特例として、元日本代表MFの森島寛晃氏の引退試合で、背番号「8」が2人という珍しい試合が行われました。

すでに「8」を付けている現在の選手がいましたが、森島が引退前に付けていた「8」をつけさせたいというチームやファンの要望を受け、Jリーグ側は申請を認めました。

このような特例はあるものの、基本的には同じチームに同じ背番号は存在しないことになっています。

また、ゴールキーパーは1番および12番以降の番号、フィールドプレーヤーは2~11番、および12番以降の番号としています。



関連記事

  1. サッカー背番号の歴史
  2. 背番号と選手の識別
  3. 背番号の意味
  4. 日本での背番号のイメージ
  5. 背番号の永久欠番
  6. 背番号の発表時期
  7. 背番号は誰が決める?
  8. 背番号にこだわる男達
  9. 正ゴールキーパー「背番号1」
  10. エースストライカー「背番号9」
  11. 司令塔「背番号10」
  12. 記憶に残る背番号

TOPPAGE  TOP