サッカー背番号の意味や疑問を解決!サッカー背番号大全

当サイト「サッカー背番号の意味や疑問を解決!サッカー背番号大全」では、
Jリーグサッカーをもっと楽しんでもらうべく、J1リーグ選手を中心に背番号についての
おもしろ情報をご紹介しています!


2010年度:J1リーグサッカー背番号一覧(チーム別)


川崎フロンターレ 鹿島アントラーズ ガンバ大阪
清水エスパルス FC東京 アルビレックス新潟
サンフレッチェ広島 浦和レッズ 名古屋グランパス
横浜F・マリノス ジュビロ磐田 京都サンガF.C.
モンテディオ山形 ヴィッセル神戸 大宮アルディージャ
べガルタ仙台 湘南ベルマーレ セレッソ大阪


サッカー背番号の歴史

J1リーグサッカー選手背番号:サッカー背番号の歴史 日本にサッカーが伝わったのは、1873年(明治6年)、東京・築地の海軍兵学校の教師として来日した英国海軍のダグラス少佐によって、日本に初めてサッカーが紹介されたと言われています。

ワールドカップやオリンピック、Jリーグなどで大勢のサポーターが熱狂し、今やサッカーは、野球をしのぐ程の人気ぶりです。

日本代表のユニフォームのレプリカは、毎回大人気で背中についている背番号が目立ち、印象的です。

サッカーの母国イングランドで、ユニフォームに背番号がつけられるようになったのは、1928年(昭和3年)のアーセナル対チェルシーのリーグ戦で、選手は1~11までの背番号を与えられました。

そして背番号が義務化されたのは、約10年後の1939年(昭和14年)でした。

初めはどの数がどのポジションを表すという規則はありませんでしたが、時間が経って様々なフォーメーションが現れるにつれ、ほとんどのチームにその傾向が認められるようになりました。

1965年にゲーム中の交代が認められるようになると、交代要員は、通常、12番を着けました。 2人目の交代が許されるようになると、そのプレーヤーは14番を着けました。

縁起の悪い数字とされる13番は、ジンクスを信じることの多いサッカープレーヤーに強制的に着けさせられることはありませんでした。



背番号と選手の識別

J1リーグサッカー選手背番号:背番号と選手の識別背番号は、サッカーだけでなく、野球やラグビーなど他のスポーツでも付けられていますが、 何のためにあるのでしょうか?

背番号が付いているスポーツの多くは、大人数でのスポーツが多いですよね。

スポーツ選手のユニフォームの背中に背番号はついています。

サッカーのように、広いグラウンドで11名が駆け回るスポーツでは、皆が同じユニフォームを着ていて、遠目では誰だかわかりません。背番号さえ覚えておけば、選手の顔を見なくても誰なのかが分かります。

つまり、選手の識別のために背番号はつけられているのです。

また、背番号は単なる数字でなく選手の象徴となり、しばしば思い入れの対象にもなります。



TOPPAGE  TOP